« エビと遊ぼう!ドクターシュリンプ!? | トップページ | 三連休(前半)やっぱり小川でガサガサでした^^ »

2009.10.09

スズムシのちょっと切ないお話。。。

Suzumusi

以前書きましたが、玄関にガラス鉢ビオトープを置くようになってご近所さんの顔見知りgeminiが増えました。おもに早朝のワンちゃん散歩の皆さまdog。イイ笑顔winkで挨拶してくれて、ついでにガラス鉢を覗き込んでくれるeye
ある日、いつものように早朝おもてに出てメダカの様子を覗いていると、、

「あなた、生き物好きなのhappy01?」

初対面のワンちゃん散歩のおばさまが話しかけてくれたwink

「はい^^見てて楽しいですよね〜」
「じゃあ、あなた、スズムシ、いらない?あげるわよhappy01

突然の話の展開に思わず立ち上がり、バミューダを持ち上げて、しっかりと話を聞く態勢をつくる。。。そんな間もなく、おばさまはすでに2、3m遠ざかりながら、

「卵が孵ってい〜っぱいいるのよ〜。今度玄関に置いといてあげるわねhappy01
「は、はぁ、ありがとうございますぅ。。coldsweats01

キョトン…。。
数日後sandclock、玄関にそっと虫ケース。小窓から覗くとザワザワと黒いスズムシさん達がうごめいている。
虫嫌いの彼女の顔が浮かんだが、話すと思いのほか喜んでいるcoldsweats01。もちろん娘も小躍りhappy01。実は一番の問題がボクthink。。大人になって虫がホント苦手になってしまった。でもでも父親が虫に怯んでいては、イケナイ!早速行動にでたrun

ホームセンター「Jマート」で少し大きなケースを購入moneybag。専用の土も購入。娘を呼んで、玄関先でスズムシ達の引越し作業に至った。昔はコオロギなんかポケットにたくさん詰め込んで遊んでたっけ。。んな事思い出しながら一匹ずつ丁寧につかむrock。娘も最初はイヤがったが、じきに両手でつかめるようになったconfident。頼もしいじゃん。やっとこさ作業終了。

10月の今ではもう鳴かないが、9月の夜は毎日スズムシさんの声を聴きながら、いい時間を過ごしましたnotes。来年の春にはきっとまたスズムシさん達の子供が土から出てきてくれるでしょうhappy01

ここでひとつ、初めて知ったスズムシさん達の一生recycle

春に土からでてきた赤ちゃんスズムシ(幼虫)は、夏にかけて成虫へと成長し、イイ演奏を奏でてくれるnotes。そして夏の終わりには、交尾も終え、まるで鳴き疲れたかのように演奏を終える。
実は鳴くのはオスだけ。鳴いて鳴いてボロボロになったオスは、産卵に向けての栄養分として、メスに身を捧げるのですweep。あとには何も残りません。ほんとに跡形も無くです。。メスだけの世界です。
やがてメスはひとり、親の責任を背負って土の中に産卵を始めます。誰も付き添いはいません。。そして、全体力を使い果たして、すべての卵を生み終えたメスは、子供の顔も見ずに安らかに一生を終え、オスのもとへと旅立ちます。。crying
翌春cherryblossom。土からでてきた赤ちゃんスズムシ(幼虫)の最初の食事。それはお母さんスズムシの亡がら。。

ちょっと気持ちが入り過ぎて、イヤラしくなってしまいましたがcoldsweats01、おおよそ、このようです。僕はこれを知って、女性を見る目が少し変わりましたcrown、うまく言えませんが。。女性もこれを知って男性を見る目が少し変われば、、なんとなく、家族はうまくいくような気がします。タハハ、何言ってんでしょうねこのオヤジはcatface!失礼しました。。

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村

« エビと遊ぼう!ドクターシュリンプ!? | トップページ | 三連休(前半)やっぱり小川でガサガサでした^^ »

A. ビオトープ、飼育」カテゴリの記事

コメント

9月になって、スズムシがどんどんいなくなって、最後の数匹はとなりの飼育カゴでかっているカエルちゃんに、あげました。とてもおいしそうに食べてました。(口からスズムシの足がニョッキと出てました)けろろっ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/546850/46430178

この記事へのトラックバック一覧です: スズムシのちょっと切ないお話。。。:

« エビと遊ぼう!ドクターシュリンプ!? | トップページ | 三連休(前半)やっぱり小川でガサガサでした^^ »