« 魚籠作りに挑戦 ⑨ エサ箱の製作! | トップページ | エスプレッソはいかが? »

2011.03.22

魚籠作りに挑戦 ⑩ いきなり完成。

1
完成しました。無くさないように派手なバンドに。

2
エサ箱を外すとこんな感じ。

随分と間が空いてしまった。もちろん完成している。そして2011解禁。さっそく、伊豆の渓流で初仕事を終えた使用感は、、、最高だ^^!!ヤマメを6匹、うち3匹のキープを竹魚籠に投入。空の竹魚籠は少々体への密着がなく、かさばる存在だったが、魚が入るごとに重みが増し、ぐっと体に密着してくる。それに伴い、意識が新調した竹魚籠から、自然と本来の釣りに集中していく。エサはミミズ。お手製のエサ箱については、フタの蝶番の部分にミミズ保湿剤が詰まり、開閉に妨げになったくらいだ。使用後は、さっと水で流し、駐車場の奥に陰干し。ダメージもなく、匂い等も残ってない。なので乾いたらお部屋のオブジェに。

とりあえず予想以上の出来に大満足している。

以下はエサ箱製作ができる様子。

3
組み立てた様子。マグネットを埋め込み、開閉を心地よくした。

4
ミミズ中心だが、イクラや川虫用にアタッチメント?を設けた。取り外し可能だ。

5
左に落ちている木片は、魚を投入するためのバネ返し付き開閉フタ。

6
竹魚籠に乗せた状態。左の穴にバネ返し付き開閉フタがつく。

7

8
バネ返し付き開閉フタのスプリングは、ピアノ線から製作。

9
ピアノ線は非常に固く100円ショップの工具では無理があった。うまくできたのだが、結局、輪ゴムを補強に使用した。

10
永い付き合いになりそうだ。

完。

« 魚籠作りに挑戦 ⑨ エサ箱の製作! | トップページ | エスプレッソはいかが? »

E.魚籠作り」カテゴリの記事

コメント

おもしろいよ…あんあたのページ。あとは足りないのは更新とエロだよ

すごいですね。
ぼくもえさ箱までは製作しましたが
ビク作りはすごいですね。
参考にした書籍等はあったのですか?

す、すごい!竹から作ってる。。。しかもエサ箱も!
只者ではございませんな、ペロォ父さん。
竹籠作りたくて、誰かに教えてもらおうと探してましたが、ここに居ました師匠が。次の作品楽しみにしてますデス。

ども^^!
お、竹細工に興味あるんですね??珍しい〜〜!
意外とやればできちゃいますよ〜。
なんてのはウソで、結構大変でしたよ。。
自己流ですが、力になれることあったら何なりと^^!

はじめまして。幸雲と申します。
すばらしい。実は、私もこのビクの作り方を掲載しているサイトを見て、作りたいと思ったけれど、挑戦していません。

初めて竹という素材を使って作ったという事ですが、この完成度は素晴らしい。執念を感じます。

竹を割るところの工程は私が竹細工を始めた頃に感じたものと同じだと思いつつ読んでいましたが、突き当たった壁を工夫で乗り越えて完成まで辿りつけるというのはなかなかできるものではありません。

やはり、本来の趣味の釣りで使いたいという強い信念をお持ちだったからこそだと思います。お見事。

うわわ〜〜><ありがとうございます〜。
でもちょっと恥ずかしいです〜、
幸雲さんの作品を見た後だけに・・。
この魚籠は今も元気に使っています。
一回、山中で派手にすっ転んで、下敷きになった魚籠の一部に少し亀裂が走りましたが、竹は修復や補強もしやすいですね。
それに自分の腰への衝撃を、
和らげてくれたと思うと、ますます愛着がわいてます。 幸雲さんのブログを読みながら、まさにふつふつと創作意欲がわいてます^^。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/546850/51191617

この記事へのトラックバック一覧です: 魚籠作りに挑戦 ⑩ いきなり完成。:

« 魚籠作りに挑戦 ⑨ エサ箱の製作! | トップページ | エスプレッソはいかが? »