« 26話 春が来たっ!の巻^^ | トップページ | 世田谷生まれのつくしんぼ^^ »

2013.03.22

27話 しつけの目的っの巻^^

Img_0204_2

犬を飼い始めて一年半。
ほんとに犬って可愛い!と思う今日この頃。
毎日の散歩で、ご近所の犬散歩友達もたくさんできたし、
犬を連れていない犬好きの方とも交流をもてた。
生活の激変ぶりは自分でも驚くほどだ。
頭がどんどん犬犬犬に支配されていく。。

一方で、犬のしつけという飼い主の責務にも日々奮闘中だ。
目的は、
一に「他に迷惑をかけないペロに。」
二に「ペロを守るために。」
三に「ペロと対話するために。」
以上。

二の「ペロを守るために。」
もしリードが手から外れたら。。
もし毒物が落ちていたら。。
実にオレたちは両方に問題を抱えている。

この間のしつけ教室での出来事。
10mくらい離れてのコイ!の練習中、
こちらに向かうペロが急に遊びだしてしまったのだ。
口を開け、お尻を上げ、シッポをフリフリ。。
付かず離れずの無邪気な行動が、よりに寄ってこんな時に。
そしてオレが乗ってこないと判断するやいなや、
プイっと尻をこちらに向けて他へいくペロ。
周りにスタッフや生徒さんがいるので逃げる心配はなかったが、
これが普段の散歩中だったら。。
大通りの交差点横断中だったら。。。

そして、拾い食いに関しては、
去年の元旦、初詣に向かう道すがら、
ゴミ捨て場にあった、焼き肉のタレ漂うビニール袋を
一気に吸引してしまったことがある。
信じられないかもだが、ものすごいスピードで、
30センチ弱あるタレ入りビニール袋をスルスル一気。
慌てて、病院を探したが、
元旦だけに、どこも先生が不在。。
結局家に戻り、先ほど訪ねた病院スタッフの紹介で
クルマで数分の動物病院に向かった。
この間30分弱。。もう少し遅れてたら開腹手術だった。
新聞紙にゲロに埋もれて出てきた焼き肉のタレ漂うビニール袋。
楽しいはずの初詣がこんなことに。。
すまんペロ。

三の「ペロと対話するために。」は、
はずかしので、置いといて。

一の「他に迷惑をかけないペロに。」
これは前にも載せたが、
柴犬だけに噛む吠える犬にさせない目的もあるのだが、
そのほかに、犬をしつけなくてはならない状況がある。
うちの母親は昔から、犬が嫌い、というより怖いらしい。
母が幼い頃、まだ犬に触れたこともない時期に、
数頭の野良犬に追いかけられて噛まれたらしい。
それ以来、今もずっと大小関わらず犬がコワイらしい。。
かたや父親は、犬が犬好きだ。
広島の田舎で雑種を飼っていたらしい。
でも犬の話をする時、チビの名で昔話をする時もあれば
ポチに変化する時もある。どっちだ?と聞くと、
あれ?どっちだっけ??
まだボケてはないはずだが、オレには考えられない。。
そんなことは置いといて。。
父親からは、犬は賢いぞ〜可愛いぞ〜
でも亡くしてからは辛くてずっと飼えなかったらしい。
なので犬への思いはかなりある。
そんな両極端な親のもとで育ったので、
「オレもいつかは犬を飼いたい!けど犬は怖い。」
というのが犬に対する思いだった。
それからうん十年後の昨今。
めでたく犬を飼える住居にも恵まれ、
両親宅にて、これから犬を飼うことを伝えた。
もう遊びに行けなくなっちゃうわ〜^^
なんて母親は笑って言っていたが、
この時初めて犬が怖いと思う人の気持ちを具体的に聞けた。
なんと、離れていても、リードでつながれている犬も怖いらしい。。
リードが切れて犬が走ってくる想像をしてしまうそうだ。
だからはるか前方で犬を発見すると、
どうしようもなく引き返したり遠回りするらしい。
ま、まじで〜!?と思った。
犬同士が興奮して遊んでいる姿なんて見ようもんなら
多分走って逃げるだろう。。
逃げるから追ってくるんだよ〜なんて、
昔のオレなら言ってしまいそうだが、
これは立派なPTSD(心的外傷後ストレス症候群?)なのでは?と思う。
記憶から消したくても消せない経験をしてしまったのだろう。。
犬散歩をしていると、少しだけ遠回りでよけていく人を見る。
狭い遊歩道、もしかして、この人にとっては、
よほどの覚悟ですれ違ったことかもしれないと思う時がある。
だからいつでも、少しでも犬を隠せる準備をしなくてはと思う。
愛犬のため「人間社会で生きる犬」を考えてあげる前に、
まずマナー以前のモラルとして、
「人間社会で生きる人間」を第一に考えるべきと思う。
愛犬家がカワイイと言いたくなる犬の無邪気な行動すら
一方で背中に汗かく人もいる。
すれ違う人すべてが犬好きって訳じゃないし、
遠回りして、人間同士の挨拶もろくにできずにいる人もいる。
本当に迷惑を掛けてしまっている人間には
遇えないし話せないから、気付かないだけかもしれない。
人によっては、かなり特異な話に聞こえるかもだけど、
昔は野良犬が横暴していて、犬に対するトラウマを持っている
お年寄りは少なくない。
それとオレは以前、公園の遠くの隅を、また遊歩道の端っこを
そそくさと犬散歩している飼い主さんを、どこか、無愛想だなぁ、、
あれじゃあの犬の社会性がうんぬん、、なんて生意気に思っていた。
でも、その方々をよく見ると、中大型犬とピタリと一緒に歩いて、
緊張感をもって散歩していることに気付いた。
たぶん、オレなんかよりずっと周りに気遣って犬を連れているんだ。
愛犬(と自分^^?)の社会性うんぬんばかりに
気が回っていた自分が恥ずかしい。

要は、ペロが何に何処に迷惑をかける可能性があるか
客観的に考えてみる。
それらをこなした先の自由を謳歌させたい。
人間の子どもだって、嫌いな勉強、宿題の毎日だ。
犬だって家にきた以上、ルール決めてやるべきことはやらせよう。
ライオンは子どもを谷底に落とし、
ちゃんと登ってきた子どもだけを育てるという。
子どもは親の愛を求め、這い上がろうと必死だ。
教育によって命が与えられることで、
さらに強い絆が生まれ、命が輝く。
動物の世界は徹底して美しい。
ライオンキング。
、、、ちょっとこのクダリは飛躍し過ぎた。。
誰かさんのクスクス声が聞こえる。。

ぼくには幸運なことに、
お手本となる先輩飼い主がいる。
犬を飼う上で、ぼくが思いつく以上の、
モラルとマナーを持っている。
それらをカタチにするのに、
どれだけの時間と努力を費やしたことだろう。
本気で叱り、本気で犬と向き合っている。
あの様子を見たら、
犬に怖くて近寄れない人でも、安全を感じるかもしれない。
ちゃんと力強く、犬の上に人がいるからだ。

さて母親の最近だが、
なんと、ペロを触れるようになった。
高い椅子に正座して、押さえつけたペロの背中をサラっと触れる程度。
顔付近は恐くてやっぱりダメらしい。。
時々、キャ〜〜〜!って叫んで固まっている。
目で追っていればまだ安心のようだが、
不意に近づかれると、身体が固まり動けなくなるみたい。
ペロは終始、キョトンとしてますが。。

これから犬を飼う人が、
また、初めての犬を迎えて間もない人が、
また、犬が怖くて近づけない人が、
いろんな理由で、
自分と愛犬を見ていると感じるべきと思う。
これからの犬達の安全のためにも、
犬が苦手な人の安心のためにも、
ここは一丁、今回のような、
ダラダラ思いつく限りの縛りを
自分に課せたいと思う。
と思う、今日この頃です。












黒柴犬 ブログランキングへ

豆柴犬 ブログランキングへ

柴犬ペロォ
2011.6.24生まれ♂。本名「夏の黒政号」
娘さんデザインのダンボール造新築一戸建てに住んでいる。
趣味は洗濯物の上でオシッコすることだ、ガハハ^^
それとお父さんの膝のカサブタを舐めることだ、ガハハ^^

« 26話 春が来たっ!の巻^^ | トップページ | 世田谷生まれのつくしんぼ^^ »

H. 柴犬ペロォ」カテゴリの記事

コメント

ペロォさんの考え、素晴らしいと思います。
犬が怖いお母様がいるからこそ感じる部分は大きいのでしょうね。
こちらの記事、リンクさせて頂けたら嬉しいです!

ども〜!
リンクでもなんでもご自由にどうぞ〜^^!
ぼくのブログにもくまこさんブログ、
リンクさせてもらっていいですかね?
今朝もあの芝生でお友達たちとしつけの話で花が咲きました。
たまこさんも近くに住んでたらなあ〜^^!

たまこさんって、だれや?と一瞬思いましたが...。

今朝の、ノーリードの飼い主に注意を促した話、
中村さんの男気を、かいま見せていただきました。
犬を愛するがこその、積極的行動でしたね。

「とにかく穏便に」が最優先で、優し過ぎる中村さん
のイメージがありましたので。

優しさ故の厳しさ。カッコイイです。

本名とくまこが混ざった感じ?>たまこ(笑)
ありがとうございます〜、リンクさせて頂きますね。
ウチのブログで良かったらリンク大歓迎です!

私は犬友いないのでペロォさん達羨ましいです〜。
楽しそう〜。
毎日自主練出来ますもんね!
こちらは公園犬禁止だから余計に友達も出来にくいのかも知れません。
週末はお花見出来そうですね、拾い食い注意しなきゃ〜!
ノーリードに注意したんですか?格好いい!
TOUGH LOVE、ですね!

時々読ませていただいています^^
ペロォパパ、犬にどっぷり浸かってますね(笑)うちと一緒だ
くまこさんが近所だったら…と私も思います^^
でも、都内在住だから安心!(笑)

ノーリード犬本当に迷惑ですよね!
以前、近所でノーリードビーグルがダッシュしてきて、唸り吠えながら、危うくミーシャの足にものすごい勢いで噛みつこうと…もう、その瞬間はスローモーションのよう!
本当に寸前のところ、あと数センチという…滝汗
私もミーシャが噛まれてなるものかと、ミーシャを咄嗟に後ろに隠して腹の底から「NO!!!」と雄叫び&足踏み鳴らしたら、その瞬間ビーグル、本当にびっくりしたらしく、腰抜かし気味で「ウウッ(今日のところは許してやる…と言いたげに)」とこちらを振り返りながら去って行きました。まさに負け犬…
ビーグルの行方が気になったけど、どこの犬か分かっていたから、あ~また脱走したのかと…飼い主に怒り心頭
あの時は怖いのとミーシャを守る一心だったけど…もうごめんです。
本当にノーリード犬は恐怖です…

くまこさん、たまこさんと書いてしまってごめんなさい。。
毎日自主練、そんなんです、毎日のように犬の話ができるので
しつけの持続力にもつながりますし、なによりみなさんイイ人ばかりです。
犬同士の挨拶の仕方、徐々に周りに浸透中です^^!

ノーリードは、ご近所さんは逆に注意しにくいかもですね。
あまり遇わないぼくみたいな人間が、
注意するしかないかなと思います。
実際、そのノーリードの人、他の散歩の人と仲良くお話ししてましたから。。
でも実はトラブル多発の実態をたまたま知ったので、
ない勇気を絞り出してみた次第です。。
「おれ、リード持ってないから〜」の反論にはさすがに武者震いしました。。

ミーシャママの、ノーー!!!ミーシャ感激したにちがいないですよ^^!
カ、カッチョエエエエ〜!!って。でもそれどこじゃなかったんですよね。
その全力が、動物にとって尊敬なのかもですね。
ぼくだったら、、、慌ててしゃがんで、自分の尻を向けて、嗅がせちゃうかもです。。。
落ち着け!落ち着け!!って言いながら。。
カ、カッチョワリイイイィ。。。。

なな号さん、優しい人たちだから優しくなれちゃうんですよ〜^^
散歩仲間と居る時は、すごく無防備で素で、楽しいです。
今や僕にとって、絶対必要な時間になってしまいました。
犬が持ってる癒し?効果もあるんでしょうね。
すでに犬がくる以前の生活を思い出せなくなってます。

なな号さんの明るさ誠実さこそ、
今やあの公園にはかかせないエネルギーですよ^^!

こんばんは。
私もジュンが来てからというもの、犬のトレーニングに
ついて真剣に考えるようになりました。
ペロオさんの考え方にもとても共感しましたよ。

犬のトレーニングって、例えばリーダーウォークとか
飼い主にとってはやらなくてはいけない事だし
やって当たり前の事だと、どれ位意識できるかなの
ですよね。

自分にとってこれが犬を飼う上での最低ルールだという事
に気づけた事がとても幸せな事だと感じています。

何より、近くにそれを教えてくれる先輩ワンコがいる事が
一番の支えです!

また、週末にお会いできる事を楽しみにしています。

また深夜にペン走っちゃいましたよ〜^^・・
ついつい長文になります。

そうなんです。マナーやモラルを考えると、
おのずと躾が必須になるのではないかなという思いです。

なるふぉど〜、
「気付けたことが幸せ!」
お〜、ほんとにそうですねえ^^〜!!
おお〜、今しみじみ感じました^^。

スズジュン母さんの、周りに迷惑かけたくない気持ち
最初にスズに会ったときから感じてましたよ〜。
自分の犬を色んな角度から見れる方だと思いました。
ペロが公園デビューした時、すごく安心できましたし、
こうすれば相手方の飼い主さんも安心するんだと勉強になりましたよ^^!

こんにちは。しつけ教室でご一緒したTRUE(の飼い主)です。
以前ブログのお話をきいていたのですが、スマホで見れなかったのでずっと忘れていて、ふと思い出しました。
ペロ君がんばっていますよね~。TRUEもがんばらないと。
またお教室でよろしくお願いします。
(江戸川行かれます?)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/546850/57006618

この記事へのトラックバック一覧です: 27話 しつけの目的っの巻^^:

« 26話 春が来たっ!の巻^^ | トップページ | 世田谷生まれのつくしんぼ^^ »