« 81話 春眠暁を覚えず | トップページ | 83話 都市伝説 »

2016.05.10

82話 日本同伴犬協会

暑いだろ~ペロォ。
水かけてやる。

「グァァ〜。」

Img_8596

気持ち良さそうだな。
ほら、呑め呑めっ!

「ちゃっぷちゃっぷ。。」

Img_8592

火照った体も冷やしてやる。
おお〜、ペロォ〜。
実にセクシィだ。

Img_8597

「ィヤ〜ン。」


@@@@@@@@@@@@@@@@@


GW最後の休日、日曜日。
連休を締めくくるにふさわしい
最高の空の下、
オレたちは世田谷公園にいた。
日本同伴犬協会主催の、月に一度の
しつけ教室に参加するためだ。

Img_8606

ここだけの話、
毎年、日差しで地面が熱くなるこの時期から
ペロは『スワレ』が苦手になる。


「スワレ。」
「ピョン。」


スワレの掛け声に
やんわり腰を下ろすが
尻が、熱い地面に触れると同時に、
ピョン!とその尻を持ち上げて
立ってしまうのだ。
何度やっても、このくり返し。
おまえの尻はバスケットボールかと
言いたくなるほど弾みがイイ。


以前、それを見た先生が、
足腰を痛めているのではないか?と
ペロを心配してくれた事があった。
さすがは先生。
要因のいくつかをさっと助言してくれる。
しかし、、
飼い主のオレにはわかっていた。
助言をくれた先生に申し訳ないくらい
下世話な要因が・・・。


ペロは去勢をしていない。
したがって、お稲荷さんというか、
お袋さんというか、、が
ぶら下がっている。
構造上、決して丈夫なものではない。
想像するに中身は生卵に近い。
ゆえに衝撃や熱に驚くほど弱い。
男ならペロの気持ち、
わかってやってくれるだろう。。
アツアツの湯船に恐る恐る入る際、
手はどこにありますか…。
両手で拝むように、ナニを包み、
ナニを守っていますか…。
そう、それぐらい、
未知のインパクトに備えて
過保護に守ってあげたい部分が、
直に、熱い地面に触れるのだ。
それも、、
他の動物の、命令によって。。


事情をシンプルに先生に伝えると、、
さすがは先生、いや男。
同じ弱点をぶら下げたオトコ同士が
オスのナニを気遣う。。


「なるべく日陰で…。」
「はい、そうします。」


その要因に気付いたのは、
二年前の真夏のしつけ教室だった。
二十頭近い犬が、湿気や熱い地面に堪え、
大人しく座って先生の話を聞いている中、
ペロの尻だけが軽快にドリブルしていた。。


「おいペロ、スワレ…。」
「ピョン…。」

「ス〜ワ〜レ…。」
「ピョ〜ン…。」

「スワレっ!!」
「ピョンっ!!」


最初はただ、暑さで集中力が欠けた、
だらしない愛犬としか見えなかった。
先生の話を聞くのも大事だが、
ここはペロとの根比べの方がより大事、
とばかりに、オレは中腰の体勢で根気強く
かれこれ十回以上は指示をくり返した。
こりゃ、切りがないな。。
そろそろ先生の話も聞かなければと、
背筋を伸ばしたところ、、


「じわり。。」
「…ぉや?」


呆気なくペロが座った。
なぜか、オレの靴の上に。。
靴を引くと、またピョンと立ち上がった。
なるほど、わかったぞ、、
さてはペロ、猫舌ならぬ猫尻だったのか。
でも待てよ、、
二十頭もいて、おまえだけ猫尻ってのも
おかしな話だな。
尻毛の長さや密度によるのかな。。
いったい尻のどの辺りが熱いんだ。。
オレは地面に手とひざを付いて
地面との接地面の確認を試みた。


「よしペロ、スワレ!
 ……オっ!」

「ピョン。」

「ォオ〜〜っ!!」


まるで、沈む夕日が
水平線にはじき返されるような光景だった。
…ペロよ、おまえがこれまで拒み続けた
天変地異ほどのディープインパクト、、。
わかってやれなくてスマン。。



@@@@@@@@@@@@@@@@



対応策としては、

❶座る瞬間に座布団を敷く
(付き人のように手際よく)
❷スワレの掛け声をスワで止める
(完全に座らせない、中腰)
❸左の靴だけ40センチにする
(バレないようにつま先に座らせる)
❹お袋さんをさらに巾着袋で包む
(神社のお守り袋を活用できないか)

どれも現実的ではないので却下。
やはり先生の、


「なるべく日陰で…。」


しかないだろう。。



@@@@@@@@@@@@@@@@




Img_8633

おつかれさま、ペロ。
どうだ、木陰の芝生は。
ヒンヤリしてて、、、優しいだろ^^。

Img_8631

それがさ、、父さん。。
芝生は、たま〜〜に、
チクっとするんだ・・・。


だからやっぱり、
帰りに松陰神社に寄ってさ、、
お守り袋を、、。


いいだろぉ、、父さん?

Img_8616

対応策❹の事か、ペロ。。
そんなバチ当たりなこと
出来るはずないだろぉ。。

Img_8641

そうだね。
直にバチが当たったら大変だ。








気が向いたら押してね

(ブログランキング表にリンクされてます。)

人気ブログランキングへ

柴犬ペロォ
2011.6.24生まれ♂。本名「夏の黒政号」。
娘さんデザインのダンボール造新築一戸建てから、

ケージ、ソファ、階段…、転々と寝場所を変えている。
趣味の洗濯物の上でオシッコすることはとっくに卒業。

現在の趣味は、、お友達と公園で遊ぶことさ!

« 81話 春眠暁を覚えず | トップページ | 83話 都市伝説 »

H. 柴犬ペロォ」カテゴリの記事

コメント

さすが男子にしかわからない話でした。
とっても分かりやすかったです。

男は外付けなんで、
まあいろいろありますわ。。

コメントしにくい内容に
勇気を出してコメントくれたはち号さんに
拍手っ!!!!ありがとうございます^^。

深く頷いてしまいました。父さんの愛が原因発覚できたということですね。
すんばらすぃ〜、パチパチパチ...

またまた女性からのコメント!
拍手っ!!!!
ありがとうございます。
たしか、前に、鉄ハハか誰かが
ペロのドリブルを目撃してたんですよね。
今年もそんな季節になりましたね〜^^。

また忙しいのは外付け男性の悲しい性であーる。また休み前に誘うから、ぺろ君のお散歩後に新宿で昼のみしようであーる。デートデート💑

了解なのであーる。
笹塚とか初台がいいのである。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/546850/63606614

この記事へのトラックバック一覧です: 82話 日本同伴犬協会:

« 81話 春眠暁を覚えず | トップページ | 83話 都市伝説 »