« 89話 散歩の達人クドさん | トップページ | 91話 北沢川緑道の風に吹かれて。 »

2016.06.02

90話 故郷に錦!若林と太子堂

Img_8935

今回は「上馬ときわ公園」から
グモニンなのれすっ。

ここ、
とっても目立たないちっさな公園なのれす。
ちっさな公園だけに、
先客が居たら入園に気が引けるのれす。
なので、いつもボクらだけなのれす。
クールダウンや物思いにふけたい時に
持って来いなのれすよ。。

ナニっ、語尾がヘンだって?
はい、前回のブログから、
ちょっと柔和な口調になったのれす。
敬愛するチワワのクドさんブログの影響れす。
クドさん、爪の垢ほどのマネれす。
お許しくださいなのれす。

さてと、歩きますか父さん。
ますは環七方向へトコトコ・・・。

エ!?
マジかょ、、。
小西養鯉場、、壊してるのれす。。
悲しがってる子供、多いだろうなぁ。

Img_8927

父さんが子供の頃、
何回か遊びにきたことがあるそうれす。
でもここは、ちょっと子供には敷居が高い感じで
もっぱら弦巻にある大森商店の方で鯉を見たり、
亀やら金魚やら、買っていたそうれす。
あの頃はブラックバスや雷魚も売ってて、
一匹300か400円くらいだったそうれす。
でも今じゃ特定外来生物とかで販売禁止…。
無理もありませんね。。

・・そんなことより、
店仕舞いなのれしょうか、この養鯉場。。
それともリニューアルなのかなぁ。。
金網に張り付いてるニシキ鯉、
父さんが欲しそうに眺めてるのれす。。

トコトコ・・・。
そのまま環七を歩いて、世田谷通りを渡って
若林駅の踏切を過ぎた辺りの烏山川緑道を、
若林公園の裏めがけて歩くのれす。

トコトコ・・・
ぅ~ん、、見慣れた景色れす。。。

トコトコ・・・
誰もいません、若林公園。
なので、父さんと走ってイチャイチャしました。
こんな姿、恥ずかしくて見せらないのれす。

Img_8910

朝の散歩はこれにて終了れす。
実に淡白な散歩れす。
でも、朝の散歩はこんなんでいいんれす。

なぜならば、、
夕方の散歩がメインだかられす!
さっさと帰って
メシ食って寝るのれすっ!

トコトコトコ・・・。

~~・・~~・・~・・~~・・~~・・~~


Img_8764

じゅうたんの段差で、寝心地が・・・
なんて気にしないのれす。
グナイトなのれす。。朝だけど。。

zzz…zzz…




~~・・~~・・~・・~~・・~~・・~~



グモニンなのれす!夕方だけど。
充電完了!!
まずは、近所の「きんもくせい公園」れす。

Img_9060

きっと真ん中の寂しげな木が
キンモクセイなのれす。
ぼくはこの木にはマーキングしないのれす。
先日亡くなった象のはな子ちゃんは、
60年もの長い時間、ひとりで園に居たそうれす。
このキンモクセイちゃんとカブるのれす。
長生きしたいかはわかりませんが、
とりあえず長生きを願うのれす。。

トコトコ・・。

松陰神社商店街に出るのれす。
「q'sマート」はお野菜がお安いのれす。

Img_9061

ときどき父さんも、長ネキやら大根やら、
お値打ち品の中のお値打ち品、
キングオブお値打ち品を見つけ出し、
こっそり弾力を確かめながら買っているのれす。
電柱に縛り付けられたぼくは、
そんな小っ恥ずかしい父さんとは
無関係を気取りたいのれすが、
そうもいかないのれす。
「マテ〜、そ〜だょ〜、マテ、いいぞぉ〜。。」
ぼくたちの主従関係を周囲にアピールするのれす。
長ネギを掴みながられす。。

トコトコ・・。

「q'sマート」を曲がると、
とってもカッチョイイ銭湯があるのれす。
「鶴の湯」れす。

Img_9063

なんでも、日によって湯の温度に
ムラがあるという噂をよく聞くのれす。
父さん的には、それも味。マニュアルな証。
みたいです。入ったことないのに偉そうれす。。
それに、父さんみたいなカラスが何言っても
説得力はゼロなんれす。
でも、銭湯に行く機会があったら絶対ココ、
と言ってます。
それくらい昭和な佇まいがカッチョイイのれす。

トコトコ・・・。
環七を世田谷線と一緒に横断するのれす。

トコトコ・・。
少し歩くと、広いパーキングがあるのれす。
そこからの世田谷線、
そして三軒茶屋のキャロットタワーが
絶景なのれす。

Img_9069

いざキャロットタワー!な世田谷線なのれす。
父さんもうまいこと参加なのれす。

トコトコ・・・。
ぼくらも三軒茶屋駅のあるキャロットタワーに
向かうのれす。

Img_9071

父さん20代の頃の5年間、
この近所に住んでたみたいれす。
若林二丁目。
一軒家で家賃62,000円だったそうれす。
そのオンボロ家のお話しはまた今度らしいれす。
てんこ盛りらしいれす。
了解れす。
で、この道を通って通勤してたそうれす。
ふ〜ん。
このくらい目印がハッキリしてると
方向音痴の父さんでも迷わないで
三軒茶屋駅まで行けますねって感じれすね。

トコトコ・・・。
太子堂八幡神社れすね。

Img_9074

なんか看板が立ってますよ・・・。

Img_9075

絶品「浄めそば」100食限定!
6月30日(木)。平日れすね。
忘れなかったら来てみるのれす。

鳥居の横には、父さんの
ちょっと思い出のある公園があるのれす。

Img_9076

週末、この近くのコインランドリーに
一週間分の洗い物をセットして、
ここで時間を潰していたそうれす。

父さん、向こうに見える鉄棒を見ながら
新調したのかな?とかブツブツ言ってます。

当時は、鉄棒の下の地面が
少し傾斜してたらしく、
雨の日、高い鉄棒で逆上がりして
着地でツルンと尻餅を付いたそうれす。
お尻がドロドロになったそうれす。
バカれすね。
なら、どうすれば滑らないで着地を決められるか。
そうだ、降りる際に体を90度ひねって
斜面の高いとこと低いとこに足を広げて
ガっと踏ん張る、だ!
となったそうれす。
しかしながら結果は、、
靴からズボンからTシャツまで見事に側面が
泥だらけになったそうれす。
二次災害れすね。
バカれすね。

その後の想像はカンタンれすよね。
一応言いますとれすね。
とりあえずランドリーに還ったわけれすが
びしょびしょ泥だらけの父さんが
ガラガラと扉を開けて中に入ると、
お客さん達がスゴイ目で父さんを凝視したそうれす。
ゲゲ、そ、そんなに降ってるの!?
という目なのれす。
とにかく、さっさとおウチに帰ろうと
乾燥機の扉を開けたのれす。
カチャン・・・ぁ・・。
手が泥んこなのれす。
ハンケチなどは持たない父さんなのれす。
お客さんの視線もあるし、引くに引けないしで、
結局、色的に被害の少いGパンをトング代わりに、
白やグレーのヘインズのTシャツを
器用に袋に詰めたそうれす。

つまらない話れすね。。
長々とすいませんれす。

このコインランドリーれす。

Img_9078

あの頃とまったく変わりないそうれす。
隣りの銭湯が母体だそうれす。

Img_9080

「八幡湯」
犬友のアースくんパパお気に入りの銭湯れす。
とてもキレイで人気のある銭湯れす。

まだまだ可笑しな思い出が一杯あるそうれすが、、
長いので、歩くのれす。。

トコトコ・・。

Img_9082

ほんとはこういう、車が入ってこない
細い道を歩きたいのれす。
また今度れす。

トコトコ・・。

おや、、
なんかこの辺り、、
父さんのニオイがするのれす。。

Img_9085

どんどん父さんのニオイがキツくなるのれす。。

Img_9086

納得しました。
さっきの若林二丁目の一軒家を追い出された後、
この先のアパートにお引越したそうれす。
六畳とキッチン二畳。63,000円。
初のフローリング!
初のサッシ窓!!
初の洋式便器!!!
だったそうれす。
後に結婚するまで、
ココで独身生活の最後を送ったそうれす。
なのでまだ父さんのニオイが残っていたのれすね。
あ、また父さんが思い出達を開放しそうなので、
歩きます。。

トコトコ・・・。

思い出の詰まったアパートを背に、
父さん感慨深げに写真をカチャ。

Img_9087

世田谷生まれ、世田谷育ちの父さん。
ようやく犬を飼う夢が叶いました、と
間に合わせの故郷にささやかな錦を飾るのれした。。

トコトコ・・。
このすぐ先の左手に「円泉寺」があります。
聖徳太子を祀る堂があって、
太子堂の地名はここからきてるらしいれす。

その手前を左に曲がります。

トコトコ・・。

坂道を上ると、
な、なんということれしょう。
緑豊かな公園ができてました!
知ってましたけろね。

Img_9089

「太子堂円泉ヶ丘公園」
左にちょこっと見える超高級集合住宅、
「グランドヒルズ三軒茶屋」とともに
出現した、超イマっぽい緑の空間れす。

以前この集合住宅の場所に、
でっかい国立小児病院があったのれす。
日本で最初の子供専門病院れした。
ダイアナ妃来日の際、
この病院を訪れた事で有名れす。

トコトコ・・。

Img_9091

トコトコ・・。

Img_9092

え、父さん、、
ぼくを置いてどこに!?

Img_9094

トイレ発見なのれした。
グッドタイミング!とチャックをいじりながら
駆け込んでいきました。

この公園、公園というか、
緑の散歩道って感じれす。

トコトコ・・。

この先の方に「三宿の森緑地」という
犬がけっこう集まる公園があるのれす。
でも開門閉門があるので、
なかなかタイミングが合わないのれす。。
今日もムリそうなので左に曲がるのれす。

ジグザグジグザグ・・・・。

Img_9095

ジグザグジグザグ・・・・。

Img_9096

長いれす。。

Img_9098

終わりにするのれす!

トコトコ・・・。

Img_9101

淡島通りに出ちゃったのれす。

トコトコ・・・。

あっ!!
毛深いイモムシれす!!

Img_9107

この時期、よく見る虫なのれす。
ちょっと、、
ぼくに似てるのれす。。
ぼくがヤッターワンだったら、、
きっとこんなビックリドッキリメカが
ぼくの口から発進されるのれす。。
ペロっペロっペロっペロっペロっ・・・。
わからない人にはわからないのれす。

Img_9108

やっぱり桜の木の下なのれす。
桜の木から頻繁に発進していたのれす。
桜直下のベンチなどは要注意れす。

トコトコ・・・。

プハぁ〜〜!!
うらやますぃ〜れ〜〜す!!

Img_9109

「グランドヒルズ三軒茶屋」の入口なのれす。
ここに住んでる人はきっと、
毎日ホテルにチェックイン気分れすね。
うらやますぃ〜れ〜〜す!!

トコトコ・・・。

Img_9112

このまま淡島通りを歩いて
ホームの若林公園に向かうのれす。

トコトコ・・。

あれ〜、おかしいれすねぇ、、

Img_9115

ここ角に七福神のどでかい石像があったのれが。。
石材屋さん、どうやら改装のようれす。

トコトコ・・。

そうそう、あのパン屋さんも
アースくんパパお気に入りのようれす。
「木村屋」れす。

Img_9117

それと奥に見える黄色い不動産屋さん。
「フジタ不動産」で先ほどのアパートを
紹介してもらったそうれす。

トコトコ・・。

環七で信号待ちなのれす。

Img_9118

トコトコ・・。

淡島通りの突き当たりを左に曲がるのれす。

Img_9119

小学生の道草なのれす。
お小遣いに頼らない遊びを開拓中なのれす。
イイことなのれす。

トコトコ・・。

この下り坂の一方通行の道は
キケンなのれす。
クルマが偉そうに飛ばしてくるのれす。

Img_9120

20キロ制限を守るのれすっ!

Img_9122

こんな狭い下り坂での速度超過は
凶器そのものれす!
ふぅ〜。
実はれすね、
そのすぐ先を右に曲がった、、

Img_9125

奥の、木が生い茂ったマンションで父さん
新婚生活を送ったそうれす。
左はNHKの社宅れす。

ちょっと興味深いお話しがあるみたいれす。
このマンションに入居した時に、
大家さんが自慢げに言ってたそうれす、、
「この◯◯◯号の部屋を借りた人は、
 必ず家を購入して出ていくんですよ・・。」って。
んなバカな〜。うちはムリムリ…って、
父さん達は思ったらしいけど、
なんとそれが現実になってしまったんれす。
そして、、
ぼくを迎えることができたってワケれす。ガハハ。
その部屋ですが、、
実は他の部屋にはない特徴があったそうれす。
それは、またお話しする機会があったら、れす。

Img_9126

空をウナギが飛んでました。
飛行機雲が膨張したのれすかね。

トコトコ・・。

松陰神社に無事帰還れす。

Img_9127

松陰神社の横の、この芝生広場も
若林公園の一部らしいれす。
通路をつくって、
行き来できるようになればいいのにな。。

トコトコ・・。

Img_9132

スダジイさん、ただいま!れす。

Img_9135

砂が浮いた場所でクールダウンれす。
冷たくってキモチイイれす。

おっ・・

Img_9137

アースくんだっ!

Img_9140

幼なじみで、今回ウワサのアースくんれす。
敬愛するクドさん並みに、堂々と優しいのれす。

Img_9139

バイバイれす。

トコトコ・・。

世田谷区役所の中庭れす。
今日も楽しかったれす。
最後は嬉しいときのポーズで
さようならなのれす。

Img_9143

おわり。




良かったら押してね
(ブログランキング表にリンクされてます。)

犬ブログ広場 柴犬

人気ブログランキングへ

柴犬ペロォ
2011.6.24生まれ♂。本名「夏の黒政号」。
娘さんデザインのダンボール造新築一戸建てから、

ケージ、ソファ、階段…、転々と寝場所を変えている。
趣味の洗濯物の上でオシッコすることはとっくに卒業。

現在の趣味は、、お友達と公園で遊ぶことさ!


« 89話 散歩の達人クドさん | トップページ | 91話 北沢川緑道の風に吹かれて。 »

H. 柴犬ペロォ」カテゴリの記事

コメント

おんぼろアパート良かったれすね

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/546850/63717710

この記事へのトラックバック一覧です: 90話 故郷に錦!若林と太子堂:

« 89話 散歩の達人クドさん | トップページ | 91話 北沢川緑道の風に吹かれて。 »