« 157話 余計なお世話。 | トップページ | 159話 HACHI。 »

2016.12.10

158話 あの頃のように。

Img_3570

 
むか〜し昔、
父さんがまだ高校生じゃった頃の話じゃ。
当時、違うクラスに好きな子がおっての、
生涯初のデートに誘ったそうじゃ。
オートバイに二人乗りして渋谷で映画、、
地元の図書館で並んでお勉強、、
松陰神社商店街の食堂でランチ、、
健全の極みじゃったそうじゃ。。
 
 
その図書館はほれ、
この芝生の前の路地を少し入ったとこの、
、、今はもうないがの。
渋谷の映画館も近代化で面影もない。
むろん、商店街の食堂も・・・。
30年も経てば自然の事じゃろ。。
 
 
ま、そんな事はどうでもええ。
お爺ちゃん、はようその手にある食べ物を
ワシにお裾分けするのじゃ。
はよう、はよう。。
 
 
Img_3565
 
 
「この芝生は暖かいですねぇ〜。」
 
 
 
「・・・ぇえ? なんだってぇ??」
 
 
 
「日差しが最高ですねっ。」
 
 
 
「・・・ペロは、甘栗食べるかい?」
 
 
 
「ぇ? ええ、食べますよっ。」
 
 
 
「・・・お兄ちゃんも座りなよぉ。」
 
 
Img_3552
 
 
「ペロ、甘栗だって、よかったな。」
 
 
 
「・・・お兄ちゃんには飴をあげるょ。」
 
 
 
 
 
ガサガサ・・
 
 
 
 
 
「あ、すいませんっ。」
 
 
 
「・・・どれがいい。。」
 
 
 
「じゃ、、、日替わりランチで。。」
 
 
 
「・・・ぇえ? なんだってぇ??」
 
 
 
「、、じゃ、ピーチでっ。」
 
 
 
「・・・はいょ。」
 
 
 
 
 
思い出の食堂はとっくに商店街から姿を消したが、
今も店主は、あの頃のように注文をとってくれる。
相棒もカウンター越しで唾を呑んでいる。
今も昔も、これからも、、
いただきます! お爺ちゃん。
 
 
Img_3567
 
 
 
「・・・ハハ、お兄ちゃん、きれいだねぇ。。」
 
 
 
「ええ、あの頃の思い出のようです。」
 
 
Img_3571
 
 
「・・・ぇえ? なんだってぇ??」
 
 
 
「^^。」
 
 
 
 
 
読んでくれてありがとうございます!
また遊びにきてくださいね。
ポチっと押してくれたら嬉しいです
(押すとポイントが加算される仕組みです)

人気ブログランキングへ

犬ブログ広場 柴犬

柴犬ペロォ
2011.6.24生まれ♂。本名「夏の黒政号」。
娘さんデザインのダンボール造新築一戸建てから、

ケージ、ソファ、階段…、転々と寝場所を変えている。
趣味の洗濯物の上でオシッコすることはとっくに卒業

« 157話 余計なお世話。 | トップページ | 159話 HACHI。 »

H. 柴犬ペロォ」カテゴリの記事

コメント

食堂のご主人なのおじいちゃん?そんならドラマチックだよねぇ。
耳遠いのは愛嬌だよねぇ

そう、食堂のご主人ですよ。
これも犬が運んでくれた縁だよね。

こんにちは(*^-^*)

光に透かした飴玉きれいですね(*^-^*)
ほんと、昔の思い出のよう・・(*^-^*)

おじいちゃん、食堂のご主人なんですね。
時は過ぎ、時代は変わっても人は変わらない・・
深いな~(*^-^*)

飴玉きれいですよね。つい光にかざしちゃいます。
去年、このお爺ちゃんの家の木を切ってあげたら
お礼に焼きそばをいただきました。
自宅に持ち帰って、思い出を懸命に手繰り寄せながら
いただきました^^。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/546850/64606516

この記事へのトラックバック一覧です: 158話 あの頃のように。:

« 157話 余計なお世話。 | トップページ | 159話 HACHI。 »